« 今日の富士山 | トップページ | ラジオ寄席 »

2014年10月19日 (日)

氏神様のお祭り

sign05今は過疎の集落も、それでも昔はそれなりの規模でした。
今日は、氏神様のお祭り。
O0400030010893030984
母が入院していて留守にしていますので、私と妹が帰省して、参加することにしました。
氏神様というのは、同じ地域(集落)に住む人々が共同で祀る神道の神。
鎮守神だとか産土(うぶすな)神だとか、大げさものではありませんし、立派なお社がある訳でもなく、お祭りと言っても神輿や神事が行われる訳ではありません。
集落を見下ろす山の中腹に、小さな石碑が祀られていて、それが我が集落の守り神なんです。
20140912_2754719こんなイメージです。(よその写真ですが)
以前は、お供え物を持って、細い踏み分け道を登って、石碑の前で「二礼二拍手一拝」をし、集落への加護を祈ったものでした。
ところが、我が集落も過疎となり、高齢化が進んだことから、住人はこの険しい道を登ることが出来なくなり、近年は、下から氏神様の鎮座する方角を仰いで拝むことになっていたそうです。
今日も、地域の公民館に集まって、御神酒を飲んで、「二礼二拍手一拝」。
楽しいのは、近所の方々とのおしゃべりでした。
いつもは話すことのないことや、昔の思い出話に花が咲きました。
B29が奥山の方向から飛んで来たので、高射砲で撃っても、飛行機の高度まで弾丸が届かなかったとか・・・。
当時の婚礼・祝言は、自宅でやっていて、お嫁入りの時の話や。

« 今日の富士山 | トップページ | ラジオ寄席 »

徒然」カテゴリの記事