« 長屋馬 | トップページ | 筋肉痛・・・ »

2014年10月20日 (月)

深川三流亭のご来客

bud有難いことに、「深川三流亭」にご来場くださったご贔屓から、身贔屓やお世辞も含めたコメントを頂戴しました。
まずは、めくりを書いてくださっている「H先生」。
141359909553711_2昨日は皆様の熱演を見せていただく事が出来てとても楽しかったです。
一度は伺ってみようと思いながら時間が取れずやっと実現しました。
それにしても会場一杯の落語ファンでビックリしました。
大盛況でよかったですね。
それぞれファンの方もおられると思いますが、地元で根付いて皆さんに期待される「深川三流亭」として活動されることを切望いたします。
流三さんの「一人酒盛」は熱演でしたね。
打ち上げの会でもあのように盛り上がったのでしょうね・・・・!

ありがとうございます。
落語も聴いてくださったのですが、ご自身が書かれた「めくり」をご覧になることも今回の目的の一つだったそうです。
会場で実際にご覧になって、いくつか課題を見つけられたとのことで、再チャレンジしても・・・などとお思いになったそうです。
続いて、自称「乱志・流三・永久後援会長」の「Ⅰさん」。
ボロボロの出来だったと言うと・・・、
悪くはなかったよ。(と言うことは良くもなかった?)
師匠のコメントにもありましたが、自分の噺として演じていたと思います。素人の域は越えました。
最後のフレーズは、かなりのリップサービスだと思いますが、ありがとうございます。

毎回来てくれている叔父夫妻も、ご友人にも声をかけてくれて、来てくれました。
◎◎さん、○○さん、●●さんが、(お前のが)一番良かったと感激されて帰りました。
また次回を楽しみにまっています。

閉演時にお開き口で、「お母さんに似ていらっしゃいますね」なんて、叔父のご友人から言われました。
以前、叔父が母を紹介していて、母をご存知の方のようです。
ありがとうございます。
仕事の関係で知り合った落語好きの「Fさん」も、桂文珍師匠のファンで、「お江戸あおば亭」にも来てくださっています。
お陰様で、充分、愉しませて頂きました。
結構な“一人酒盛”でございました。
帰りに、どうしても日本酒が、飲みたくなり、
久しぶりに、一献ってな事に、相成りました。
門前仲町界隈には、美味い店がたくさんありますから、いくらか地元に利益誘導できたかもしれません。
本当にありがたいことです。
千早亭ワッフルさんは、人手不足のところを、ずっと受付を手伝ってくださり、打上げまでお付き合いいただきました。
そう言えば、このブログで「深川三流亭」をお知りになり、ご来場くださった方もいらっしゃったようです。
ご期待に沿うことが出来たかどうかは分かりませんが、是非次回も来ていただきたいと思います。
日程は、このブログでお伝えして行きます。
正直なところ、この半年間は、とても落語どころではなかった部分もありましたが、多くのご贔屓に応援していただいたおかげで、何とか形にすることが出来ました。
心から感謝したいと思います。m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

« 長屋馬 | トップページ | 筋肉痛・・・ »

落語っ子連」カテゴリの記事