« 大雨警報 | トップページ | 落研の落語会 »

2014年9月11日 (木)

3年半

sign04東日本大震災から3年半が経過しました。
3年半
避難先で暮らす被災者は、岩手、宮城、福島3県を中心に全国24万5622人に上る。
この1年で4万4000人近く減ったものの、福島第1原発事故の長期化や、沿岸部での土地造成の遅れが住宅再建を妨げている。
岩手、宮城両県では魚介類の水揚げ量が震災前の7割まで回復した。養殖施設や被災農地の復旧も進むが、担い手の確保が大きな課題だ。
一方、福島県は東京電力福島第1原発事故が響き、主力の沿岸漁業が試験操業にとどまり、本格復旧のめどは立たない。
福島第1原発の汚染水対策は、事故発生から3年半経過した今なお、予断を許さない状況が続く。
1~4号機の建屋地下には1日約350トンの地下水が流れ込み、放射性物質に触れて汚染水が発生している。
東京電力は建屋に入る前にくみ上げる地下水バイパスなどの対策を講じるが、抜本的な解決には至っていない。

・・・まだまだ復興のための努力は続きます。

« 大雨警報 | トップページ | 落研の落語会 »

徒然」カテゴリの記事