« デング熱 | トップページ | 稽古開始 »

2014年9月 4日 (木)

情けは人のためならず

riceball「あの時受けた恩は忘れていない」。
東日本大震災で被災した宮城県石巻市の農家が、土砂災害に襲われた広島市の避難者に宮城米390キロを贈ったという記事。
情けは人のためならず
東日本大震災で被災した子どもたちに、広島名産もみじまんじゅうや復興を願うミサンガが届けられたので、「あの時のお礼」をしたという訳です。
状況こそ違え、自然災害に遭った方々の共通な思いというのはあるのかもしれません。
「地獄で仏」ではありませんが、心から嬉しい善意。
きっと同じような困難に遭っているだろうという心配り。

« デング熱 | トップページ | 稽古開始 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事