« 落語DEデート | トップページ | 歩き稽古もどき »

2014年9月 8日 (月)

中秋の名月

fullmoon今日は「中秋の名月」です。
中秋の名月
中秋の名月は、十五夜とも呼ばれ、旧暦8月15日に見える月のことを言います。
旧暦で秋は7〜9月となっているので、 その真中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれる訳ですね。
関東地方は、今日は月は見られそうにありませんが。
秋は、最も空が澄みわたり月が明るく美しいとされていたため、平安時代から十五夜には観月の宴が開催されてきました。
江戸時代には、その宴と秋の収穫を感謝する祭事が合わさって一般に広まり、今の「お月見」が形成されて行ったと言われます。
「十五夜」と言うからには、15日が中秋の名月だろうと思ってしまいますが、実際は、毎年9月中旬〜10 月上旬の間に旧暦の8月15日がやってきます。
旧暦と現在の暦の数え方の違い、毎年日が違うんですね。
ところで、これも意外だったのですが、十五夜の日は満月の日に近い日ではありますが、必ずし も満月になるわけではないそうです。
と言うのは、新月から満月に至る期間が、毎回ぴったり15日間ではないことから、年によ って多少ズレるそうなんです。
調べてみると、最近の2011〜2013年は満月でしたが、今年から2020年までの7年間は完全な満月ではなく、ほんの少しだけ欠け た名月の年になるそうです。
「中秋の名月・十五夜」はひときわ美しいと言われますが、他にも十三夜、十日夜(とおかんや)のお月見行事があるそうです。
「十三夜」十三夜とは、十五夜の後に巡ってくる十三夜を指し、旧暦9月13日のお月見のことを言います。
十三夜は、十五夜に次いで美しい月だといわれ、昔から大切にされてき ました。
また、十五夜または十三夜のどちらか一方のお月見しか しないことを「片見月」と呼び、縁起が悪いといわれているそうです。
ちなみに今年の十三夜は10月6日だそうです。
「十日夜」は、旧暦10月10日に行われる収穫祭で、東日本を中心に行われているそうですが、あまり馴染みがありません。
十日夜はお月見がメインではないため、月齢に関係なく、新暦の11月10日に祭りを実施する地方が多いようですが、昔から十五夜、十三夜、十日夜の3日間が晴れてお月見ができると縁起が良いとされているそうです。
月と言うのは良いものですね。
特に、満月(望月)が美しい・・・・。
    月みれば ちぢにものこそ 悲しけれ
          わが身一つの 秋にはあらねど

    秋の日の ヴィオロンの ためいきの
        
  みにしみて ひたぶるに うらがなし

« 落語DEデート | トップページ | 歩き稽古もどき »

季節・散歩」カテゴリの記事