« 千早亭早千さん | トップページ | なぜ「小三治」の落語は面白いのか? »

2014年8月 9日 (土)

演芸と園芸

bud三遊亭金時さんの門下に、東京農業大学の出身のお弟子さんがいるそうで、よく金時さんがマクラで、「最近は大学卒の噺家が増えまして。私のところに東京農大出身の弟子がいるのですが、専門の"園芸"と勘違いして、"演芸"の世界に飛び込んで来てしまったようで・・・」などと言って客席を笑わせています。
この間、あるツイートを見ていたら「浅草園芸ホール」という表記がありました。
これは単なる変換ミスだと思いますが、「花やしき」がある浅草ですから、こんな場所もありそうな気がしました。
"演芸"と”園芸”は、繋がりはあるんです。
"園芸"とかけまして、"演芸"と解きます。
その心は、どちらも若い芽をたくさん育てているでしょう。

そう言えば、先日、談亭志ん志師匠にメールを送った際、「金願亭」を「金癌亭」と変換して送ったために、「癌はいけませんよ、癌は」と言われました。
入力者の不注意もあるかもしれませんが、PCもとんでもない漢字変換をして、時々驚かされることがありますね。
以前、「とうかいぎんこう」と入力して変換キーを押したところ、「東海銀行」ではなく「倒壊・・・」と出て来て、とても不安になりました。
やはり、その後間もなくこの銀行はなくなりましたので、ちょっと洒落になりませんでした。
えっ?その話、ほん倒壊(本当かい)?・・・はい、本当です。

« 千早亭早千さん | トップページ | なぜ「小三治」の落語は面白いのか? »

徒然」カテゴリの記事