« 都電落語会 | トップページ | 今日は「三遊亭圓窓一門会」 »

2014年8月21日 (木)

朝散歩

flag「第12回日比谷公園大盆踊り大会」が週末にあるみたい。
朝散歩
今さら盆踊りでもないと思いますが、会場の準備が着々と行われているようです。
朝散歩
歩き稽古が出来るネタがないと、ふと自然に口から出て来るのが「浜野矩随」です。
この噺だけは、40分近くの長講になりますが、学生時代に骨格を覚えた噺なので、今でも澱みなく言葉が出て来ます。
マクラから、若狭屋に叱責された矩随が、死のうと決めて母親の待つ家に帰るところまで。
朝散歩朝散歩
日比谷公園の池端には、様々な生物が棲息しています。
亀がいました。
私が立っていると、鳩が群れを成して集まって来ました。
きっと、いつも餌をやる人がいて、その人だと思って集まって来たのでしょう。
「まるで、蜜に群がる蟻みてえだ」という台詞を言ったところでした。
「矩随さん、お前、それでも職人か?一人前の男の言うことか?」
・・・なんて、若狭屋が啖呵を切るのですが、この部分を昔は怒声を込めて演っていましたが、今は、絶対にそんな風にやりません。
私が、歳を取り、家庭を持ち、人の親になったからでしょう。
この啖呵は、静かな、でも含みのある口調で演らないと、感情の深みが表現出来ません。
矩随に対する若狭屋の隠れた愛情が滲み出て来ません。
・・・今日も暑くなりそうです。

« 都電落語会 | トップページ | 今日は「三遊亭圓窓一門会」 »

徒然」カテゴリの記事