« 山岳遭難 | トップページ | 北千住 »

2014年8月18日 (月)

ランボルギーニ炎上

thunder昨日午後5時頃、首都高速都心環状線外回りで、「車が燃えている」と通報がありました。
消防が駆けつけ、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、「ランボルギーニ」の高級スポーツカー1台が全焼しました。
この車には男女2人が乗っていましたが、けがはありませんでした。

  ランボルギーニ炎上
首都高速都心環状線外回り付近で火災の通報があり、超高級スポーツカーのランボルギーニが炎上。
この影響で、都心環状線外回りは浜崎橋ジャンクションから芝公園までの間で、一時通行止めとなったそうですから、私は早めに帰宅して大正解でした。
さて、ランホルギーニですよ。
車種は「ムルシエラゴ」と言うそうですが、4600万円近い価格がする超高級車。
運転していた男性は、「エンジンから煙が出て、車を止めたら火が出た」と話しているそうです。
へぇぇ、スピードだけでなく、火も出るなんて、さすがスーパーカーと言われるだけのことはありますね。
事故は痛ましいことではありますが、何かそれ以上に・・・それ以外の気持ちになる人も多くいたのではないかと思います・・・。
どこかの若旦那なんでしょうね。
もしかすると「徳さん」なんて言う名前かもしれません。
4千6百万・・お熱い車でございます。
(四万六千日、お暑い盛りでございます・・・)
それにしても、煙草の火にしては大き過ぎましたね。
P1
※ランボルギーニ「ムルシエラゴ」
イタリアの自動車メーカーランボルギーニが2001年から2010年にかけて製造したスーパーカー。
「ムルシエラゴ」はスペイン語で「コウモリ」の意味。
V型12気筒DOHC6.5リッターのミッドシップエンジンの4WD。
新車価格は、最高価格で4688万円。

« 山岳遭難 | トップページ | 北千住 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事