« あれから29年 | トップページ | 故郷自慢? »

2014年8月12日 (火)

NHKニュースウオッチ9

tv実家で、ボーっと「ニュースウオッチ9」を視聴していると。
9f1678efs
落語家の桂歌丸さん、77歳。ことし春に大病を患い、いまも酸素吸入器を手放せません。病と闘いながら高座に向かう歌丸さんに井上キャスターがお話を伺いました。
なんて、言ってるじゃありませんか。
半世紀近くにわたって続く人気演芸番組「笑点」。
その司会でおなじみの落語家・桂歌丸さん。
今年春には大病を患い、2か月間高座に上がれませんでした。
片方の肺がほとんど機能しないため、酸素吸入器が手放せません。
病を押して歌丸さんが、執念を燃やすのは、30年以上毎年一度も休まず挑んできた10日間の高座です。
演目は強いこだわりを持つ「怪談噺」。
この夏、高座に挑む77歳、歌丸さんの思いを聞きました。

・・・んだそうです。
歌丸師匠は、今春約2か月間、高座に上がれませんでした。
病をおして執念を燃やすのは30年以上、毎年1度も休まず挑んできた、国立演芸場8月中席の10日間の高座。
この芝居に挑む歌丸師匠の思いをインタビューしたものでした。
入院中の歌丸師匠を支えたのは「笑点」のメンバー。
高座の代演や番組の司会を交代で務めた三遊亭小遊三師匠と春風亭昇太さんにもにインタビュー。
舞台袖では、約1時間に渡る高座に備え酸素吸入器を装着。
演目は「怪談牡丹燈籠」。
歌丸師匠は「楽がしたいから苦しむんだ」と仰っていました。
そして、この芝居の最中に78歳の誕生日を迎えることになります。
先月の三越落語会で生の姿を拝見しましたが、高座に上がると、まだ張りのある声は健在でした。
82c7403fs
ところで、井上あさひアナの浴衣姿が似合っていましたね。
お茶の水女子大学を卒業後NHK入局し、鳥取・広島放送局を経、東京アナウンス室に。
そして、2011年から「ニュースウオッチ9」のキャスターを。
御年33歳(独身)とのこと。
4ccea4bas
最初の頃は、大柄な感じと、ややこわばった雰囲気だったのですが、最近はなかなか良い味を出していますね。
民法の女子アナは、高音でキンキンする感じの人が多く、とても聞き取りづらいですが、井上アナは、やや低音で、冷静な感じが安心感を醸し出していると思います。
私のブログのアクセス累計も66万件になりました。

« あれから29年 | トップページ | 故郷自慢? »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事