« 師匠のブログ | トップページ | 十代目金原亭馬生33回忌追善興行 »

2014年7月16日 (水)

板付き

book「板付き」とは・・・。
1.板の付いたもの。また、板に付いたもの。
2.板の間(ま)。板敷き。
3. 《「板」は舞台の床板の意》歌舞伎などで、幕が開いた時に俳優がすでに舞台に出ていること。あるいは、回り舞台に乗って出ること。また、その俳優。
4.男色をする少年俳優の中で、上位の者。
勿論、ここで語るのは「3」のことです。
決して、蒲鉾のことではありません。
落語用語辞典などを見ると・・・、
足の不自由な落語家が一旦緞帳を降し、高座に着いた後改めて緞帳を上げる形式・・・とあります。
先々月の東京落語会では桂米丸師匠、先日の三越落語会では桂歌丸師匠と、奇しくも師弟で板付きで登場されました。
お二方とも、ちょっと足元は不具合でしたが、噺はしっかりしていて驚きます。

« 師匠のブログ | トップページ | 十代目金原亭馬生33回忌追善興行 »

寄席・落語会」カテゴリの記事