« がんもどきの裏表? | トップページ | 朝散歩 »

2014年7月25日 (金)

課外活動奨励賞

school大学のメールマガジンが配信されました。
この中で、東北大学基金事務局からのトピックスがありました。
01平成26年7月2日、東北大学百周年記念会館川内萩ホールで、「平成26年度東北大学基金課外活動奨励賞授与式」を開催しました。
この賞は、課外活動で優秀な成績を収めた団体や、本学若しくは地域活動に多大なる貢献をした団体に授与するもので、18団体が受賞しました。
授与式では、里見総長から、「今回の受賞を契機に、専門的な学力のほかに、実社会で生きていくために必要な力を更に培い巣立ってほしい。そのために大学としてもその教育と環境づくりに努めています。また、今回受賞した団体は連続受賞をねらい、受賞を逃した団体もぜひ来年こそはという思いで臨んでください」との激励の言葉が、表彰状とともに贈られました。
http://www.bureau.tohoku.ac.jp/kikin/japanese/achieve/circle/social/2014/#conte
Briqgpicuaa3414
落語研究部
寄席や落語会の共催、出前落語や落語関連のボランティアを、年間にわたり53回行った。
Brhwmzxcqaasiv6

とても素晴らしい、OBとしても嬉しい賞だと思います。
落語を通じて、特に東日本大震災の被災者の方や高齢者の方々へ、笑いと癒しを届けてくれたのですから。

« がんもどきの裏表? | トップページ | 朝散歩 »

落研」カテゴリの記事