« 明善寮の | トップページ | がんもどきの裏表? »

2014年7月26日 (土)

お直し

art仙台の走れ家駄馬師匠から、チラシとプログラムの手直しの指示がありました。
Photo
ご指示に沿って「お直し」をしました。1
「落語研究部55年のあゆみ」は、我ながらなかなかだと思います。2
番組は、とにかく、ぽんぽこさんの字数が多いのと、現役のビスコさんと十三さんの読み方が分かりづらいので、ちょっと苦労しました。
升万楼ビスコ(ましゅまろうびすこ)、暇楽家十三(ひまらやとざん)と読みます。
名前は、本人が気に入れば良いのでしょうが、学生時代はともかく、社会人になって、どこかで使う時のことも考えると、オーソドックスな名前にしておいた方が・・・と思います。
しかし、最近では、子どもの名前もキラキラネームだとか、当て字を使って、皆目読み方が分からないことが多くなりました。
時代の流れでしょうかね。

« 明善寮の | トップページ | がんもどきの裏表? »

落研」カテゴリの記事