« 梅雨明け | トップページ | お婆ちゃんの原宿 »

2014年7月21日 (月)

太田家元九郎さんの訃報

horse津軽三味線の太田家元九郎さんがご逝去されたそうです。Yjimage
三味線で弾く、「アリラン」・「パイプライン」・「コンドルは飛んでいく」・「ラ・クンパルシータ」・・。
「だども断わる訳にゃいがねんだ。だって、日本代表だかんねぇ。」という、訛りのない津軽弁。
いつも同じパターンですが、とても良い雰囲気で、寄席ならではの芸でした。

脳出血で。享年60歳。
唯一の、津軽三味線主体の寄席芸人。
津軽弁の漫談。
代表的なネタとして、津軽三味線の奏者として海外の放送局などに招かれた際に居合わせた外国人から自国の音楽を三味線で演奏してくれ、と頼まれた話を回想する設定で様々な音楽を三味線で演奏するものがある。
前フリとして「断ることができねぇんだ。何てったって日本代表だからな」と居行ってから演奏に入る。
これに、曲弾きを織り交ぜ、「じょんから節」をキッチリ聴かせて締める。

« 梅雨明け | トップページ | お婆ちゃんの原宿 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事