« 羨ましい… | トップページ | 一人だけのディナー »

2014年7月29日 (火)

土用丑の日

shine昔から「夏バテには鰻」と言われていたようで、暑い時に食べると言うのは、昔の人の自然な生活の知恵として定着していたのでしょう。800pxunagi_kabayaki20050828
ところで、そもそも「土用」ってなんなんでしょう。
元々「土旺用事」と言ったものが省略されたものだそうです。
昔、世の中の全てが「木・火・土・金・水」の5つの組み合わせで成り立つという「五行説」を季節にも割り振ることを考えた人がいたようです。
ところが、昔も今も季節は「四季」で「五季」とはいいません から、 木-春・火-夏・金-秋・水-冬、そして 土-??? ・・・。
「土」が余ってしまった。
そこで、 「土の性質は全ての季節に均等に存在する!」とこじつけて、各季節の最後の18~19 日を「土用」としたそうな。
これで1年の日数が均等に五行に割り振られたことになります。
従って、今は土用というと夏だけのようなイメージですが、本来は全ての季節に土用があるという訳です。
ということで、土用は季節の最後に割り振られるので、「土用の明け」は次の季節の始まる日の前日ということになっています。
ですから、夏土用は、立秋の前の日に終わるということです。
異なる季節の間に「土用」を置くことで、消滅する古い季節と、まだ充分に成長していない新 しい季節を静かに交代させる働きをするそうです。
次に「丑の日」ですよ。Yjimage
「丑」は十二支の「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の丑です。
各土用の中で丑の日にあたる日が「土用丑の日」。
「夏土用の最初の丑の日」に鰻屋さんのお祭り「土用丑」と称して、鰻を食べる日ということになっています。
夏の土用の時期は暑さが厳しく、夏バテしやすい時期ですから、昔から「精のつくもの」を食 べる習慣があり、土用蜆(しじみ)、土用餅、土用卵などの言葉が今も残っています。
また精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、土用ウナギという 風に結びついたと言われます。
今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは幕末の万能学者として有名な平賀源内が、 夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、 「本日、土用丑の日」 と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。

« 羨ましい… | トップページ | 一人だけのディナー »

季節・散歩」カテゴリの記事