« 米朝師匠のおかみさんの訃報 | トップページ | 寄席に »

2014年6月28日 (土)

圏央道延伸

carrvcar圏央道の相模原と八王子を結ぶ区間が開通し、東名高速道路と中央自動車道、それに関越自動車道がつながります。
Head1
圏央道は、首都圏郊外を環状に結ぶ総延長300キロの自動車専用道路です。
このうち、相模原愛川インターチェンジと高尾山インターチェンジの間の14.8キロの区間が28日開通し、計画全体の65%に当たるおよそ195キロが完成することになるそうです。
これによって、東名高速道路の海老名ジャンクションと中央自動車道の八王子ジャンクション、それに関越自動車道の鶴ヶ島ジャンクションが圏央道でつながり、首都圏郊外の移動にかかる時間が短縮されるほか、首都高速道路など都心を通る道路の渋滞緩和につながると期待されています。
圏央道は来年度までに神奈川、埼玉、茨城、千葉の一部区間が開通し、神奈川県藤沢市から千葉県成田市までのおよそ270キロがつながる予定です。
E0037849_18363444
私は、圏央道そのものを使用することはあまりありませんが、都心に入る車が減るのを期待します。
いずれにしても、東名高速と中央高速が繋がったメリットは大だと思います。
思えば、学生時代、両親が車で仙台に来てくれたことがありましたが、当時は、中央高速八王子で下りて、国道16号をひたすらぐるっと回り、岩槻インターで東北道に乗りました。
東北道も、まだ岩槻以南は開通していなかったので、これが最短コースだったことと思います。
あの頃の希望が間もなく叶うことになる訳ですね。
「仙台は遠かった」と、しみじみ語っていた父も今はなく、時の流れを感じます。

« 米朝師匠のおかみさんの訃報 | トップページ | 寄席に »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事