« どこかで見た顔? | トップページ | 上方落語の定席 »

2014年5月18日 (日)

五代目の十三回忌

16日が五代目柳家小さん師匠の十三回忌だったそうです。
新聞などでは、五代目の息子の六代目小さん師匠、孫の花緑さん、高弟で落語協会会長の柳家小三治師匠、最高顧問の鈴々舎馬風師匠が、乗泉寺世田谷別院の墓前にお参りしている写真が載っていました。
寄席などに行って、お弟子さんが「うちの師匠が・・・」と、亡き師匠を語るのを聴きますが、林家彦六(八代目林家正蔵)師匠と、この小さん師匠が双璧でしょう。
お弟子さんが多いということもあると思いますが。
彦六師匠は、一門の壁を越えて、様々な噺家さんがネタにしています。
新宿末廣亭では、「十三回忌追善“小さんまつり”興行」が行われています。

« どこかで見た顔? | トップページ | 上方落語の定席 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事