« 三越落語会プレオーダー | トップページ | 新真打披露興行大楽日 »

2014年5月20日 (火)

真犯人

shadow何を考えているのか分からない・・という感じの人。
申し訳ありませんが、この人への率直なイメージです。
パソコンの遠隔操作事件で、これまで無罪を主張してきた元会社員が一転して「私が真犯人で、一連の事件はすべて自分の犯行だ」と認めたそうです。
物凄く卑怯で、許されざる犯行だと思います。
多くの人に迷惑をかけたり、警察の誤認逮捕もあって、世間も騒がせました。
分別盛りの社会人の行動だとは思えません。
この事件では、威力業務妨害などの罪に問われていて、裁判では一貫して無罪を主張していました。
今回は、なぜか自ら墓穴を掘ったようにも思えます。
でも、無罪主張を続けたことに「途中で引き返せなくなった」と話しているようです。
また電話で母親と話して、「真犯人でも受け入れる」などと言われると涙ぐんだということです。
・・・・他人からかまってもらえなくて、本当は寂しかったんですね。
罪は憎みますが・・、可哀想な人です。

« 三越落語会プレオーダー | トップページ | 新真打披露興行大楽日 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事