« 凍り豆腐 | トップページ | 急な村雨? »

2014年5月22日 (木)

歩き稽古

run気がつけば明後日が本番になってしまいました。
めくりをお願いしていた「H先生」から、宅配便で送ってくださったとメールをいただきました。

日比谷公園の花も刻々変わります。
ビールか何か、フェスティバルも開催されているようです。14007087276041_2
私には全く興味ないことです。
「鰍沢」の元花魁のお熊と身延詣りの旅人の新助のキャラクターに悩んでいます。
二人の年齢関係、道楽の末に真面目になった新助、雪の中を迷った恐怖と辛さの残像、毒を飲んだ亭主伝三郎にの後を追って死のうという心の動き・・・。
全体が暗い、ある意味で抹香臭い噺でもありますから、登場人物はなるべく明るく描いた方が良いかもしれない・・・。
オチの直前は師匠のオリジナルの展開になりますから、この噺をよくご存知の方の違和感も想定しておく必要があります。
以前演った、「藪入り」や「抜け雀」と同様です。
・・それにしても難しい噺です。

« 凍り豆腐 | トップページ | 急な村雨? »

季節・散歩」カテゴリの記事