« ボランティアツアー | トップページ | ひとぃ・・ふたぃ・・みっちょい・・・ »

2014年5月10日 (土)

自治体消滅?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140508-00000117-mai-soci
全国1800市区町村(政令市の行政区を含む)の49.8%に当たる896自治体で、子どもを産む人の大多数を占める「20~39歳の女性人口」が2010年からの30年間で5割以上減ってしまう・・・sign02
896自治体を「消滅可能性都市」と位置付け、有効な手を打たなければ将来消える可能性があるという、大変なことです。
また896自治体のうち、40年の人口が1万人を割る523自治体(全体の29.1%)については「消滅の可能性が高い」とし、より衰退の恐れが大きいとされました。
96958a9c93819481e2eae2e09d8de2eae2e
中でも青森、岩手、秋田、山形、島根の5県は「消滅可能性都市」が8割以上にもなるそうです。
Izumo01
24道県では5割以上を占め、トップの秋田は県内25市町村のうち24市町村が該当するという・・・。
全国で最も減少率が高かったのは群馬県南牧村(89.9%)。
ところが、そんなことはないと思う東京23区でさえも、豊島区は唯一消滅の可能性があるということです。
年増区だから高齢者も多いのかもしれません・・・shock
島根県の2035年の人口ピラミッド推計では、完全に逆三角形になっています。
それにしても、85歳以上の女性が最も多いというのが凄いsweat01Image12
他県のことなど言っている場合ではありません。
我が山梨県とて、否、わが町とて、否、我が集落など、ほとんど消滅状態ですから・・・。
・・・しかし、楽しむ世代として高齢者が比較的多いということを考えると、落語の未来は、相対的に明るいかもしれない、というのは妄想でしょうか?

« ボランティアツアー | トップページ | ひとぃ・・ふたぃ・・みっちょい・・・ »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事