« 回向院 | トップページ | 相撲部屋 »

2014年5月 6日 (火)

本所松坂吉良邸跡

元禄赤穂事件で有名な吉良義央の邸宅があったところで、赤穂浪士によって討ち入りを決行された現場であることで有名です。

一般にある児童公園の類と違い、遊具などありません。

約98平方メートル(29.5坪)の敷地に稲荷社や井戸、桜の木などがある程度で、むしろ記念広場に近いものです。

以前来た時よりも、さらに整備されて来た感じがします。

元禄時代の当時は付近の一帯が吉良義央の邸宅であり、その広さは約8400平方メートル(2550坪)と推算されていますから、その広さをうかがうことができます。

邸宅は、赤穂浪士による討ち入りの後は江戸幕府に没収され、その後住宅などが立ち並び、往時の吉良邸を偲ばせるものはなにもなくなってしまいましたが、昭和9年(1934年)地元の有志が旧邸内の「吉良の首洗い井戸」を中心に土地を購入して東京市に寄贈し、翌年に公園として開かれたのが始まりだそうです。

街角に、こんな道標がありました。
もしかすると、ここでは吉良上野介は、良いお殿様だったのかもしれません。
・・・今日の徘徊はこんなところでしょうか・・。

« 回向院 | トップページ | 相撲部屋 »

徒然」カテゴリの記事