« 柳橋 | トップページ | 両国橋河岸 »

2014年5月 6日 (火)

薬研堀不動尊

東日本橋の案内地図板に、「やげん堀縁日講談の会」というチラシが貼ってありましたので。

川崎大師の東京別院・薬研堀不動院は、古くから目黒、目白と並び江戸三大不動として知られ、「江戸名所図会」をはじめ多くの文献に紹介されています。

正式には、大本山川崎大師平間寺東京別院薬研堀不動院といいます。
本尊の不動明王童子像は、都指定文化財です。

天正13年に紀州根来寺が兵火に遭った際東国に下り、隅田川畔のこの地に堂宇を建立したのが始まりと伝えられます。
その後、明治25年(1892)に川崎大師の別院となって現在に至っています。

それにしても急な石段で、建物の幅も狭い”ペンシル寺”でした。
無計画に歩いて来ましたが、色々なものに出会えるものです。
それでは、両国橋を渡って、向こう両国に足を伸ばしますか・・。

« 柳橋 | トップページ | 両国橋河岸 »

徒然」カテゴリの記事