« 見返り柳 | トップページ | 今戸神社 »

2014年5月 5日 (月)

山谷堀

もう一度、地図で確認しましょう。
今、見返り柳の吉原大門交差点にいます。

これからどうしようかと考えて、先日の千束通りを通らずに、山谷堀に沿って歩くことにしました。
地図の青い線、右下に向かって、大川(隅田公園)を目指そうと言いうことです。
かつては「よろず吉原、山谷堀」と歌にも歌われ、江戸名所のひとつに挙げられる風情ある場所で、船の出入りが多くなる夏の夕方などは絵のように美しかったそうです。
河口岸には有明楼などの料亭があり、芸者遊びなどもでき、江戸三座があった猿若町(現在の浅草6丁目辺り)に近いため、山谷堀芸妓(堀の芸者)は「櫓下」とも呼ばれたそうです。
300px100_views_edo_034
山谷掘は、正確な築年数は不明だそうですが、江戸初期に荒川の氾濫を防ぐため、箕輪(三ノ輪)から大川(隅田川)への出入口である今戸まで造られたようです。


現在は埋め立てられ、日本堤から隅田川入口までの約700メートルが「山谷堀公園」として整備されています。

江戸時代には、新吉原遊郭への水上路として、隅田川から遊郭入口の大門近くまで猪牙舟が遊客を乗せて行き来し、吉原通いを「山谷通い」とも言ったそうです。

船での吉原行きは陸路よりも優雅で粋とされました。
「船徳」では、浅草から舟に乗って、吉原に向かおうとします。
四万六千日、お暑い盛りでたよね。

界隈には船宿や料理屋などが建ち並び、「堀」と言えば、山谷堀を指すくらいに有名な場所でしだか、明治時代に遊興の場が吉原から新橋などの花街に移るにつれて次第に寂れ、昭和には肥料船の溜まり場と化し、永井荷風の記述によると、昭和初期にはすでに吉原は衰退しており、山谷堀も埋め立てが始まっていたとのこと。
戦後の売春防止法による吉原閉鎖後、1975年までにすべて埋め立てられました。

今はコンクリートになっていますが、ここが堀になっていて、猪牙舟が行き交ったんですね。

大川にぶつかる前に、ちょっと脇にそれてみました・・・・。

« 見返り柳 | トップページ | 今戸神社 »

徒然」カテゴリの記事