« 鷲神社の境内 | トップページ | 吉原弁財天 »

2014年5月 5日 (月)

吉原弁財天(弁天池)

江戸時代から幕府公認の遊郭として栄えた吉原。

もとは日本橋(いまの人形町付近)に元和3(1617)年に開設されたのが始まりで、それまではヨシの茂る湿地帯だったことから葭原と呼ばれていたのを縁起の良い「吉原」に字を改めました。
明暦3(1657)年、江戸市中を焼き尽くした明暦の大火の後、現在地(当時の浅草千束村)に移転し、新吉原が成立し、以後、昭和33(1958)年に売春防止法が施行されるまで300年にわたって吉原遊郭は存続します。
この新吉原も古来、大小の池が点在する湿地帯を埋め立て造成した土地で、残された池のひとつにいつの頃からか弁財天が祀られ、遊女たちの信仰を集めました。
池は弁天池または花園池と呼ばれていたようです。


この角度からの表情が、何とも言えず優しく見えました。

この池が悲劇の現場となったのが大正12(1923)年9月1日の関東大震災です。
明治以降の遊女の中には貧困や飢饉に苦しむ東北地方の貧しい農家から身売りされてきた少女たちが多く、脱走防止の意味もあって遊郭の周囲は堀や塀で囲まれていましたが、震災で遊郭内でも火災が発生する中、唯一の出入り口である大門が閉鎖されてしまったのです。
逃げ場を失った遊女たちは炎と煙に追われて弁天池に殺到し、次々と飛び込んで、折り重なるように溺れて命を落としました。
その数、実に490名と伝えられています。

現在、その場所には岩を積んだ山が築かれ、その上に亡くなった人たちを供養する観音像が立っています。
 

周囲に遊女の墓や追悼碑、お地蔵様などもあり、今でも献花が絶えません。
”花吉原名残碑”に「世俗いふ吉原を知らざるものは人に非ずと」とありました。

そして、境内奥に弁天祠があります。
これが吉原弁財天で、浅草七福神のひとつに数えられています。

女性らしく、華やかさがある反面、とても悲しい、やるせない気持ちも漂ってくる気がします。

« 鷲神社の境内 | トップページ | 吉原弁財天 »

徒然」カテゴリの記事