« 落語研究? | トップページ | 岩手大学落語研究会発足 »

2014年4月20日 (日)

深川から上野へ

shoe稽古の後、門前仲町の駅で越児さんと別れて、ウォーキングを決め込みました。

前回の時は、途中、永代橋を渡っているところで、"俄かの村雨"に降られて"道灌"になってしまいそうになり、山吹も咲いていなかったので、持っていた携帯用の傘をさして茅場町までで終えました。
今日は、寒い曇り空ながら、雨の心配はなさそうです。
永代通りをちょっと入ったところに、「深川モダン館」という施設があります。
ここで三遊亭圓橘師匠が独演会をやっているそうなので、とりあえず様子見に立ち寄ってみました。
Rakugoimg01
再び永代通りに戻って、永代橋で大川を渡り、茅場町から兜町を通り過ぎて日本橋へ。
日本橋交差点を右に曲がって中央通りに出ます。
それにしても、今日本橋はビルの建設ラッシュのようです。
中央通り(御成街道)を、室町、今川橋、神田須田町から、万世橋を渡り、秋葉原の歩行者天国へ。
相変わらずオタクが大勢集まっていて、とにかく騒々しい街です。
末広町から黒門町、御徒町の松坂屋は取壊工事が始まるところ。
上野広小路から上野駅まではいつもの賑わいでした。
これも、"普段の袴"ならぬ"普段の上野"ですか。
ちょうど歩数1万歩ぐらいでしょうか。

« 落語研究? | トップページ | 岩手大学落語研究会発足 »

徒然」カテゴリの記事