« 飯匙祖師堂 | トップページ | 永久寺 »

2014年4月13日 (日)

瑞輪寺

eye大家さんが、与太郎のお父っつぁんの寺が瑞輪寺だと聞いて驚きました。
「なに?瑞輪寺?名高い寺だよ」と・・・。
当時から、名刹だったんでしょう。
瑞輪寺
瑞輪寺は、天正19年(1591年)徳川家康の学問の先生である慈雲院日新上人を開山とし、家康自らが開基となって日本橋馬喰町に創建された日蓮宗のお寺です。
1601年火災により神田に移転、
1649年現在の谷中に移転しました。
身延山の関東髄頭の一つです。

瑞輪寺
身延山の法主だった内野日総猊下は、この寺の貫主を務めていたこともあるようです。
この寺の格式の高さが窺われます。
瑞輪寺
内野日総猊下は、大正十五年生まれ。
昭和二十一年より山梨県身延町・清水坊住職を務められ、その後、七面山別当職、身延山久遠寺副総務、参拝部長などの要職を歴任された。
また、東京都谷中・本山瑞輪寺での貫首在任中は、江戸開府四百年を記念して本堂大改修に尽力され、平成十六年に日蓮宗一級法功章を受章、平成十八年に第九十二世身延山久遠寺法主に就任された。
瑞輪寺
「通夜の猫」では、与太郎が可愛がっていた猫のタマが、お父っつぁんの遺体を運んでくれる・・・。
ちょっと気味の悪い場面ではありますが。

« 飯匙祖師堂 | トップページ | 永久寺 »

徒然」カテゴリの記事