« 初めて聴いた落語 | トップページ | 京急蒲田駅前 »

2014年4月17日 (木)

歩き稽古

sunここのところ良い天気が続いています。
ちょっと乾燥しているようなので、注意が必要です。

花々咲き乱れる中で、雪の中をこけつまろびつ逃げる、崖から雪で水かさの増した川に落ちて流される、鉄砲で狙われる旅人を描くシーンを、時々通り過ぎる人をはばかりながら、それでも汗だくでやっている姿は、実に異様・異形でしょうね。

「地獄と極楽は紙一重と言いますが・・」なんて言う台詞もあり。

経済産業省の植え込みのサツキツツジも咲き始めました。
ところで、地獄・極楽紙一重の話ですが、「板子(和船の船底)一枚下は地獄」なんていう言葉があります。
船底の下は大海原であり、いったん港を出てからは波任せ風任せで人の力が及ばない、と船乗りの仕事が危険に満ちた仕事であることをたとえた言葉ですが・・・、隣の韓国では、大きな船が転覆沈没して、大変なことになっています。
・・・会社に到着したら、歩数計は4千歩を超えていました。
しめしめ・・・・。

« 初めて聴いた落語 | トップページ | 京急蒲田駅前 »

季節・散歩」カテゴリの記事