« 高座本 | トップページ | 今朝のお茶 »

2014年4月21日 (月)

艪の漕ぎ方

ship師匠が、窓口さんの「船徳」の読み稽古を聴かれた後で、「舟はどちらへ進んでいるのかな?」という質問・・・。
この噺、登場人物は多くはないのですが、その位置関係を設定するのが難しいのです。
20140206_1016717
艪は、一番手元を右手で押さえ、左手を大きく前後に回すようにしますから、演者から見れば右側へ進むことになります。
Tk205
・・ということは、客席からは、上手から下手(右から左)に横切るように進んで行くということです。
Dsc00508
だから、船頭になりたての若旦那の徳さんには、お客さんは前方、即ち右側(下手)にいるということになります。

Img_004916
写真でみると、どの舟も、船頭さんの向きは同じです。Imgb3dad22fzik1zj
確かに、今まであまり意識していませんでしたが、こういう設定は本当に重要だと思います。
これって、プロの噺家さんでも徹底していないような気がするんです。

« 高座本 | トップページ | 今朝のお茶 »

徒然」カテゴリの記事