« 落語DEデート | トップページ | 好みのお茶 »

2014年3月23日 (日)

稽古

残された日はあと僅か・・・。
稽古の程度がどれぐらいひどい状態かと言いますと、師匠から頂戴した「鰍沢」の高座本が、27ページあるのですが、何とか振りも付けて喋ることが出来るのは、9ページの所まで・・・。
月の兎花魁が心中をしたと聞いて、そのまま家に戻ってしまったことを、新助が説明する下りまでです。
熊の膏薬売りをしている亭主の伝三郎が帰って来るのが18ページですから、何とか早くここまで辿り着きたいものです。
とりあえず朝一番で、噺の中と同様、こけつまろびつ17ページまでやってみましたが、言葉が出て来ず、噺の体をなしていません。
こんな状態では、1週間の付け焼刃で完成させることなど出来そうにありませんが、何とか形は作らないと。
・・・焦るばかり。
その1週間後の「通夜の猫」は・・・、来週以降です。

« 落語DEデート | トップページ | 好みのお茶 »

落語っ子連」カテゴリの記事