« 昭和元禄落語心中(5) | トップページ | 進化する落語 »

2014年2月11日 (火)

Welcome to Tokyo!

subway「ウェルカムボード」と言うそうです。
Welcome to Tokyo
地下鉄銀座線上野駅の改札口の脇に、昨年11月末に設置されたました。
毎日横目で見ながら通勤しているのですが。
これは、銀座線上野駅と丸ノ内線新宿駅に外国人向けに設けらけれたもので、内の観光スポットへの行き方や地下鉄の利用方法などを4カ国語でまとめた観光案内板です。
ボードは幅約6メートル、高さ約3メートル。
日本語のほか、英語、韓国語、中国語で、浅草や銀座、秋葉原など都内の観光地に向かうための乗り換え方法や運賃、所要時間などを掲示。
もう、日本人を対象にだけしている時代ではありません。
確かに、駅や電車内でも、少なくとも日本人ではない、日本の文化や習慣やマナーや地理を知らない人たちが激増しています。
東京メトロは、「2020年の東京五輪の開催を控え、外国人が観光しやすい環境を整備したい」言っています。

« 昭和元禄落語心中(5) | トップページ | 進化する落語 »

徒然」カテゴリの記事