« 常磐道一部再開通 | トップページ | 学士会落語会だより「まくら」 »

2014年2月22日 (土)

甲斐と越後

wink日本人は、美談が好きですね。
関東甲信地方を襲った記録的な大雪で、除雪車や作業員を多数派遣した新潟県や同県内の自治体に対し、山梨県などの住民から感謝の電話やメールが相次いでいるそうです。2014022200000038mai0007view
中でも上越市が除雪車の車体に「もうすぐ春です」のメッセージを掲げて作業にあたったことが、さりげない気遣いだったと好感を持たれているそうで。
インターネット上でも、戦国時代、越後の上杉謙信が敵対する甲斐の武田信玄に「塩を送った」という逸話を思い起こさせてくれると、話題になっているということです。
ご支援に感謝感謝ですが、・・・そこ(戦国時代)まで行くかい?
上越市は甲府市との災害時相互応援協定に基づき除雪車を派遣することを決め、作業を委託した市内の建設会社から除雪ドーザー2台と作業員を送り出した。
作業員たちは「甲斐の皆様 もうすぐ春です 頑張ってください」というメッセージを車体に貼って除雪作業にあたった。
「上越では毎年雪が降るが、春になれば雪が解けて明るい光が差す。だから希望を持ってほしいという気持ちを込めた」という。
上越市役所には、「言葉がうれしかった」「迅速な救援、お礼申し上げます」などのメールや電話が6件寄せられた。
また前橋市に除雪車8台、作業員ら23人を派遣した新潟市にも「わざわざ除雪に来てくださって助かってます」などのメッセージが数件あったという。

 Image Image1
越後の上杉謙信が敵に塩を送った話は有名ですが、そもそも、塩を送らなくしたのは駿河の今川氏です。
1567年、武田信玄は今川氏との同盟を破棄し、東海方面への進出を企てますが、それに怒った今川氏は北条氏と協力し、武田領内への「塩留め」を行いました。
武田の領地は甲斐・信濃で、海に面していなかったため塩を取ることが出来ず領民は苦しみました。
これを見て、武田の領民の苦しみを見過すことが出来なかったのが、信玄の好敵手上杉謙信で、義を重んじる謙信は、越後から信濃へ塩を送り、武田氏とその領民を助けたそうです。

本当かなぁ。
でも、これで上杉がヒーロー、今川がヒールになりました。
甲斐への物資ルートは、駿河湾に向かう「富士川」と日本海方面に行く「釜無川」「千曲川」の2つのルートがありました。
日本海に行くルートは途中何度も陸路を使いますから、当然駿河湾ルートが早いし、東海道沿岸なので、商売の取引が多く、主要ルートになっているのです。
甲斐の名産品に「煮貝」(鮑の醤油漬け)がありますが、これは甲斐の国から船で下り農産物を売り、帰りに貝を船で持ち帰るのに腐らないよう、塩や醤油につけて持ち帰ったのが始まり。
武田信玄と今川氏真が絶交となると当然経済封鎖をするのですから、今川氏真は「富士川」の往来を封鎖しました。
陸路の抜け道はあるので生活には困りませんが、経済封鎖ですから武田信は御用金・軍資金の点で困ったようです。
一方、これを諜報で知った上杉謙信は、日本海にに抜ける「千曲川」「釜無川」ルートを封鎖しませんでした。
軍事的に警備はしたようですが、物資や人の往来は封鎖しませんでしたから、これを聞いた後の人々は「兼信が塩を送った」と解釈したのだと思います。
ということで、実は謙信は直接塩を送ったのではありませんが、解釈としては間違っていないということでしょう。
「富士川」の舟運が重要だったんですね。

« 常磐道一部再開通 | トップページ | 学士会落語会だより「まくら」 »

巷談」カテゴリの記事