« 雨水 | トップページ | 師匠の「落語の授業」の成果 »

2014年2月20日 (木)

お疲れさま

お疲れさま真央ちゃん、残念でしたね。
まだ最終の結果が出た訳ではありませんが。
最近の様子をテレビなどで見ていると、何か悲壮感が漂っているように思えました。
周囲には分からない、色々な葛藤やプレッシャーがあったのでしょう。
人は成長するに従って得るものも多いですが、逆に失ったり制約されるものもあります。
怖いもの知らず・天真爛漫にリンクを躍動していた姿が強烈だっただけに、そのギャップの大きさに驚かされます。
きっと、本人が一番辛かったでしょう。
しかし、勝負の世界は非情です。
それにしても、色々思うところはありますが、真央ちゃんと同様、否、それ以上に、国の威信と連覇へのプレッシャーを負いながら、冷静に着実に演技しているキム・ヨナ選手は、まずは称えるべきでしょう。
私も落語の道に迷い込んで数年が経ちました。
得られたものは物凄く多いのですが、知った・経験した故に立ち止まることも多くなりました。
勿論、その悩みは、楽しさの中のささやかなもので、真央ちゃんを呪縛したモンスターとは違いますが。
出場資格年齢に僅かに届かずオリンピックに出られなかった頃の勢いは凄かった…。
まだ全て結果が確定した訳ではありませんが、真央ちゃん、本当にお疲れさまでした。

« 雨水 | トップページ | 師匠の「落語の授業」の成果 »

徒然」カテゴリの記事