« 電車事故 | トップページ | 東北学院大学の定期落語会 »

2014年2月15日 (土)

スポーツマン

スポーツマンこれは、あの「イナバウワー」ですね。
スポーツマン
それにしても、清々しい少年です。
今回のオリンピックは、スノーボードのメダリストの2人も、高梨沙羅選手も、十代の選手たちの競技前後の立ち居振る舞いの素晴らしさが目立ち、成績以上に、日本という国を再認識しています。  
どちらかの国とは違うなと、誇らしく思います。
  スポーツマン
ゴールドメダリストの羽生結弦選手のコメントもたまりません。
スポーツマン
緊張しました。すみません。
やっ ぱり五輪ってすごいなと思った。
金メダルを取って言うのも何ですが、ちょっと悔しいと思う。
緊張の中でどれだけ自分の演技が出来るようになるかという、いい経験になった。
(チャンに抜かれず)驚きしかなかった。
自分の演技については悔しかったので、うれしい感情はなかった。
ただ、表彰台に上って、まだ花束ですけど、もらってうれしかった。
金メダルが早く見たいです。
スポーツマン
どうです。
この謙虚さと、素直さと、前向きさ。
人間味溢れる、若者らしい、というか若者に持っていて欲しいものが、このコメントに含まれている気がしました。
成績もさることながら、これが嬉しかった。

96958a9c93819695e3e7e2e2e38de3e7e2e
それから、震災への思いについてもコメントしていました。
報道陣から試合後にあまり笑顔を見せない理由を問われて、「金メダルの実感が沸かないこともありますが、震災からの復興のために自分に何ができたのか分からない。複雑な気持ちです」と答えました。
そして、震災の当時を振り返って、「スケートができなくて、本当にスケートをやめようと思いました。生活するのが精いっぱいというなかで、大勢の人に支えられてスケートを続けることができました。金メダルを取れたのは、被災した人たちや支えてくれた人たちの思いを背負ってやってきたからです」と語りました。
そのうえで今後について、羽生選手は「将来、プロになったとき、震災からの復興のために何かできればと思っています。金メダリストになれたからこそ復興のためにできることがあるはずです。これがスタートになると思います」と真剣な表情で話していました。

96958a9c93819695e3e7e2e2e38de3e7e_2
仙台(河北新報)の号外、物凄く大きな活字です。
20140215015jd

« 電車事故 | トップページ | 東北学院大学の定期落語会 »

徒然」カテゴリの記事