« シャベルとスコップ | トップページ | 雪解け »

2014年2月 9日 (日)

通行止め一部解除

sun雪解けや除雪が進んで、交通機関も続々復旧しつつあります。
気になるのは、昨日真っ先に全線通行止めになっていた新東名高速ですが・・・。
みみ
新東名高速道路は、積雪のため、8日から全線が通行止めになっていましたが、9日午後2時半に、静岡県の新清水ジャンクションと三ヶ日ジャンクションの間の上下線で通行止めが解除されました。
御殿場ジャンクションと新清水ジャンクションの間は、引き続き、上下線で通行止めとなっています。

・・・要するに、いつも私が利用する区間だけがまだ通行止めが続いているようです。
それにしても・・と、やや不思議な気がしたのは、やや山側とはいえ、ほぼ並行する東名高速は、全線通行止めになっていませんでした。
すると、その訳が分かりました。
きき
全線通行止めとした8日の新東名高速道。
閉鎖が長引いたのは、想定を超える降雪で東名高速道と同時進行で除雪作業ができなかったためという。
防災基幹道として大災害時などに重要な役割が期待される新東名だが、弱点を露呈した形だ。
中日本高速道路が新東名を通行止めとしたのは8日午前1時。
「数十年に一度」の積雪量が予想され、「除雪が追いつかずに東名と新東名が同時に通行止めになれば、物流や経済への影響が大きくなる」(広報担当者)と判断。
東名の除雪を優先させることにした。
新東名のルートが降雪の多い山側のルートを通る上に、凍結しやすい橋の区間が多いことも考慮したという。
同社の観測では、午後6時ごろまでに東名の御殿場インターチェンジ付近の積雪は30センチに達した。
除雪車はフル稼働で東名本線の除雪を続け、新東名は事実上手付かずだった。
広報担当者は「積雪が数センチ程度であれば両方に対応できる。
今回のような大雪に備えるなら設備過剰になる」と説明した。

・・・なるほど、そういうことですか。
仕方がありませんね。
もともと「第二東名」と言われていたのですから。

« シャベルとスコップ | トップページ | 雪解け »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事