« 立春 | トップページ | どうらく息子 »

2014年2月 4日 (火)

小銭と大金

dollarお金にまつわる細かい話と大きな話。
まず、4月からの消費税増税を前に、1円玉の生産が4年ぶりに再開されたという話です。
1円玉は、供給量が十分だという理由で4年前から生産されていなかったそうですが、4月からの消費税増税で釣り銭などの需要が見込まれるため、生産が再開されることになったということです。
来月までに約2500万枚を作るということです。Tousen_img01
http://www.keiyobank.co.jp/tameru/yokin/item/takarakuji.html
一方、銀行の定期預金におまけで付けている年末ジャンボが、一等前後賞を合わせて7億円に当せんしたという、実に羨ましい話。
くじそのものは渡さず、番号をはがきで知らせる仕組みで、本人は当せんに気付かず、控えで確認した銀行が、1カ月近く待って1月末に連絡したそうです。
「富久」「御慶」「水屋の富」「宿屋の富」も真っ青ですね。

« 立春 | トップページ | どうらく息子 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事