« 故郷の様子 | トップページ | ラジオ寄席 »

2014年2月16日 (日)

山梨県早川町

tvNHKの夜のニュースに、家内の実家のある早川町が。
山梨県早川町
大雪のために、孤立する集落が相次いでいるという内容で。
静岡県との境にある早川町では、665世帯1183人が暮らしていますが、町に通じる県道などが通行止めとなっていて町への出入りができない状態になっています。
早川町によりますと県の委託を受けた業者が除雪作業を行っていますが、雪が深いため思うように作業は進んでいないということです。
町内の雨畑地区ではおよそ160世帯が14日から停電しているということです。
早川町総務課の望月公隆課長は「各家庭で食料はある程度備蓄があるが、急病人が出ても搬送できず、長期化して暖房に使う灯油などの燃料がなくなるのが心配です。」と話しています。

身延山の裏側、七面山があり、南アルプスの麓の超過疎の町。
富士川の支流の早川に沿って走る県道が唯一のライフラインで、ここが通行できないのです。
鰍沢はこの北側、まさに「鰍沢」で旅人が道に迷った状態と同じになったのでしょう。
七面山は、文永11年(1274年)に日蓮が開いた日蓮宗の総本山である身延山久遠寺の奥の院にあたる信仰の山で、日蓮書状(「日蓮上人遺文」)にも記されており、日蓮の高弟である日朗が開いたといわれています。
山頂近くの標高1700m付近には「敬慎院」があり、多くの人が宿坊に宿泊する。
敬慎院から山頂付近にかけては富士山の好展望地として知られる。

お祖師様のご利益で、早く何とか復旧させていただきたいものです。
南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経・・。

« 故郷の様子 | トップページ | ラジオ寄席 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事