« ソチオリンピック | トップページ | 来年の話 »

2014年2月 3日 (月)

節分

run節分とは本来、季節の分かれ目となる立春・立夏・立秋・立冬の“前日”で、1年に4回あるのですが、室町時代ごろからは、立春の前日だけを指すようです。
  電子メールで送信: d0094245_1344265.jpg  電子メールで送信: d0094245_135074.jpg
そんな昔の暦では、立春は年の始め、節分は大晦日と同じものでした。
この、季節の変わり目でもあり年の節目でもある節分は、“鬼”や邪気が入り込みやすい日と考えられてきたそうです。
そんなわけで、この節分には、福を呼び込むためにしっかり“祓え”を行うという風習が根付いていたそうです。
節分節分
節分といえば“豆撒き”ですが、これもやはり“祓え”のための風習。
撒くのには、“穀霊”が宿っていて悪霊を退散させる、ということから大豆を使います。
また、芽が出ると縁起が悪いということから、生豆ではなく炒った大豆を撒きます。
豆を撒くのは、夜になってから。
家長か年男が「鬼は外、福は内」という掛け声とともに、一升枡に入れた豆を、部屋から部屋に撒いては戸を閉めていきます。
その後、家族がそれぞれ“自分の年の数プラス1個”を食べます。
プラス1個には“年を越す”という意味があるそうです。
鬼を払うため、玄関に、鰯の頭を焼いて柊の枝に刺した“柊鰯(ひいらぎいわし)”、“焼嗅(やいかがし)”と呼ばれるものを取り付ける風習もあります。

・・・だそうです。
明日はいよいよ立春。
春の訪れという訳ですが、今夜から寒くなりそうです。
節分と言えば、落語では「厄払い」てでしょうか。
いい歳をして何も仕事をしていない与太郎は、節分の晩だけに街を流して歩き、厄を払う口上を述べて炒り豆と小銭を貰う「厄払い」を伯父さんに勧められる。
しかし、伯父さんの教える「ああら目出たいな目出たいな。今晩今宵の御祝儀に、目出度き事にて祝おうなら・・・」という肝心の口上を全く覚えられない。
仕方なく、紙に書いて貰った口上を手に、稽古をしないまま、与太郎は街を流し出す。所が時既に遅く、完全に出遅れ。
どこの家も厄払いを済ませており、サッパリ声が掛からない。
そこで与太郎なりに考えて、「厄払いのでこでこに(非常に、を意味する江戸の俗語)めでたいの」と言って歩くと、これを聞きつけた或る商家の旦那が与太郎の即席厄払いを家に呼び込んだ。
やっと仕事にありついた与太郎だが、紙に書かれた口上の漢字が読めない!・・・・

「あ~ら、目出度いな、目出度いな、今晩今宵のご祝儀、目出度きことにて払おうなら、まず一夜明ければ元朝の、門(かど)に松竹、注連飾り(しめかざり)、床に橙鏡餅、蓬莱山に舞い遊ぶ、鶴は千年、亀は万年、東方朔(とうぼうさく)は八千歳、浦島太郎は三千年、三浦の大助百六ツ、この三長年が集まりて、酒盛りをいたす折からに、悪魔外道が飛んで出で、妨げなさんとするところ、この厄払いがかいつかみ、西の海へと思えども、蓬莱山のことなれば、須弥山(しゅみせん)の方へ、さらーりさらーり」

« ソチオリンピック | トップページ | 来年の話 »

季節・散歩」カテゴリの記事