« うっすらと雪 | トップページ | 下げっ子連「大塚亭発表会」 »

2014年2月 5日 (水)

稽古時間の拡大

door師匠からご指南いただくに際して、やはり稽古場所の確保というのが、非常に大変なんです。
千早亭などは、元々豊島区のカルチャー講座「円窓の落語教室」がスタートですから、当然「豊島区千早地域文化創造館」でやっていますが、それでも会場の申込のために、ワッフルさんや三十一さんにご尽力いただいたいます。
落語っ子連は、12年ほど前に、フリーの方々が集まってスタートしたグループですから、稽古場も転々としていたようです。
私が仲間に入れていただいた数年前は、阿佐ヶ谷の道場のような所を借りていて、発表会もそこでやりました。
私が、三流亭流三でデビュー?した場所です。
その後、千駄ヶ谷で他のグループメンバーの方がオーナーのスペースを借りましたが、オーナーが脱会されたので、門前仲町のまど音さんの音楽教室にお世話になっていました。
この建物も、一昨年建替え工事が始まりましたので、現在の「江東区古石場文化センター」で、「紅巣亭落語教室」と同じ日に、時間をシェアして続けて来ました。

第1・3日曜日のタイムスケジュールは原則以下のとおりです。
  10時00分~11時30分   寄席踊り
  12時00分~14時00分   落語っ子連・三流亭
  14時00分~17時00分   語りっ子連・紅巣亭
・・・と、我々は、吉窓さんご指導の寄席踊りと紅巣亭の間の2時間で、現在、メンバーが8名いますから、稽古時間が足りなくなることが多くなりました。
やはり、メンバーのレベルが上がり、演じる噺も長くなりつつありましたから。
そこで、師匠にもご相談して、以下のような時間割を考えました。
   9時00分~12時00分    落語っ子連・三流亭
  12時00分~13時30分    寄席踊り
  13時30分~17時00分    語りっ子連・紅巣亭
師匠に相談したところ、「寄席踊りの連は12時から13時半に移動はすぐにでもOK」とのメールを頂戴しました。
また、我々の意向が整えば、今月16日の次回稽古日から可能だと仰っていただきました。
それで、師匠のご厚意に甘えさせていただき、我々の稽古時間を拡大させていただくことにしたいと思います。

9時から12時に変更となると、かなり早くなりますが、新潟の越児さんと館山の千公さんは、原則前泊されておられるようですから問題なし。
新参さんが一番遠くなりますがご快諾いただきました。
日曜日の朝が、ちょっと忙しくなりそうです。

« うっすらと雪 | トップページ | 下げっ子連「大塚亭発表会」 »

落語っ子連」カテゴリの記事