« 小銭と大金 | トップページ | 蔦重の教え »

2014年2月 4日 (火)

どうらく息子

book昨日、Amazonから、車浮代さんの「蔦重の教え」と一緒に配達されて来ました。
どうらく息子
早速、2冊を風呂場に持ち込み、「どうらく息子」から一気に読了。
アニメですから、1冊読むのに、それほど時間はかかりません。
登場人物がみんないい人たちばかりで、主人公のドジも優しく見守っています。
噺をやっているシーンで、その噺の場面がリアルに描かれていて、自分がその噺の舞台設定をイメージする時の参考になりますよ。
落語については、柳家三三さんが監修されていますからね。

« 小銭と大金 | トップページ | 蔦重の教え »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事