« 女太夫 | トップページ | 七草マラソン »

2014年1月 7日 (火)

七草

bud七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。
電子メールで送信: yjimage.jpg
〈せり,なずな,ごぎょう,はこべら,ほとけのざ,すずな,すずしろ,これや七草〉とうたわれています。
ごぎょうはハハコグサ、はこべらはハコベ、ほとけのざはタビラコ、すずなはカブ、すずしろは大根とされる。
後世これらを七草粥にして正月7日に食べた。
若菜は初春の若返りの植物であり、古くは正月初子(はつね)の〈子の日の御遊び〉に小松引きや若菜つみを行い、それらを羹(あつもの)にして食べたりしたが、のちに人日(じんじつ)(正月7日)に作られるようになった。
どうでも良いことですが、「七」と言うのは、「しち」と読むのが通常ですから、「ななくさ」ではなく、「しちくさ」と読むべきではと思うのです・・・・。
ただし、「しちくさ」は、別のあまり良い意味ではないものと混同されるかもしれませんが。

« 女太夫 | トップページ | 七草マラソン »

季節・散歩」カテゴリの記事