« この電車は・・・ | トップページ | 犯人は給食パン »

2014年1月18日 (土)

創業553年目の蹉跌

創業550年後の蹉跌室町時代中期の1461年 に京都の伏見で「鶴屋」の屋号で創業し、1658年に練り羊羹の製法を確立。
1685年に徳川家より「駿河屋」の屋号を与えられた、和歌山の老舗が事実上倒産したそうです。
応仁の乱が起こったのが1467年ですから、京都の人に言わせても、“この間の戦争”の前からある老舗なんです。
駅伝の襷を繋げなかった当代の主の心やこれ如何?

« この電車は・・・ | トップページ | 犯人は給食パン »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事