« プレッシャー? | トップページ | 程酔さん「ういろう売り」 »

2013年12月16日 (月)

はしご落語会公演2日目

flair「はしご落語会」2日目。
2日目の南大塚ホール
今日も晴天で何より。
屋内のイベントとは言え、天気は良いほうがいいですね。
はしご落語会の高座とめくり
今日は、私が出囃子などの音響担当です。
三流亭とあおば亭でしくじった経験があるので、やや緊張。
午後2時、館長さんのご挨拶で開演です。
そして、師匠のご挨拶。

今日も張り切っています。
プロとアマが同じ高座で共演するチャレンジの会だということ。
落語に対する師匠の思いが語られます。
bb
前日は、私よりも緊張していた大塚亭程酔(ワッフル)さんですが、今日はもう開き直った高座です。
歌舞伎から題材を取って師匠が創作をされた「ういろう売り」。
長い口上が、早口言葉のようで、これが味噌。
もう、色々な所で何度も演っていますから、実に堂々としたもの。
やはり女性は強い。
程酔さんが終わると、師匠が出て行かれて対談。
そして、仲入りというのは、前日と同じ。
仲入り後は、また師匠がお出になってお話をそれた後、総領弟子の吉窓師匠の登場。
ご自身で創作された「南長崎・獅子の涙」と言う、ご当地噺。
本当に温厚なお人柄で、袖で色々お喋りさせていただきました。
そして、はしごの着地は、師匠の「叩き蟹」。
左甚五郎物のひとつです。

« プレッシャー? | トップページ | 程酔さん「ういろう売り」 »

寄席・落語会」カテゴリの記事