« 小田和正「緑の丘」 | トップページ | 豊田泰光さん »

2013年12月26日 (木)

甲府城(舞鶴城)跡

eye昨日、甲府への出張帰りに電車を待つ小一時間、近くの舞鶴城公園に行ってみました。
「甲府城」なんて言うと、素朴に「あぁぁ、武田信玄が建てた居城でしょ」なんて思う人が多いことでしょう。
ところが、武田信玄は、「人は石垣、人は城」と言って、城を築かなかったと言われています。
甲府城(舞鶴城)跡
甲府城(甲府駅近く)から北方にある躑躅ヶ崎武田氏居館が、信玄の「居城」でした。
今は、武田神社になっています。
甲府城(舞鶴城)跡
甲斐国では戦国期から甲府が政治的中心地となり、躑躅ヶ崎館(武田氏居館)を中心とする武田城下町が造成されたが、武田氏滅亡後に甲斐を領した徳川氏や豊臣系大名が甲斐を支配し、甲府城を築城して新たに甲府城下町が整備された。
甲府城(舞鶴城)跡
豊臣政権では徳川家康を牽制する要所、江戸時代では将軍家に最も近い親藩(甲府藩)の城となった。
天守台はあるが天守が建てられていたかは不明である。
甲府城(舞鶴城)跡
日本の100名城の一つに数えられているそうです。
小学校の遠足で、県庁や県議会議事堂、それから舞鶴城公園に行ったことがあります。
その頃は、この城跡には、石垣と謝恩碑があった記憶ぐらいしかありませんが、それなりに整備されていました。
甲府城(舞鶴城)跡
note苔むすままの石垣に~栄華の昔偲べども~notes
・・・ほどの荒城ではないのが救いでしょうか。
甲府城(舞鶴城)跡
notes人は石垣 人は城 情は味方 仇は敵・・・note
甲府ぃ お参りぃ 願ほどきぃぃ~

« 小田和正「緑の丘」 | トップページ | 豊田泰光さん »

徒然」カテゴリの記事