« 豊田泰光さん | トップページ | 当世学生気質? »

2013年12月26日 (木)

素朴な疑問

gawkこのブログでは、政治的な話題はしたくありませんし、学生時代からノンポリの私には、語るだけの見識もありませんが・・・。
在日米大使館が、首相の靖国神社参拝について「日本は大切な同盟国だが、日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに米国政府は失望している」と批判する声明を発表したそうです。
米政府が、日本の首相の靖国神社参拝を批判する声明を出したのは極めて異例だそうです。
・・・「日本は大切な同盟国だが」と「米国政府は」の2つのフレーズを外せば、恐らくかなり多くの日本人が、このコメントと同じ気持ちでいる気がします。
日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに失望している
「以和為貴」とは、人々がお互いに仲良く、調和していくことが最も大事なことであるという教え。
これは、聖徳太子が制定した十七条憲法の第一条に出てくる言葉として有名ですが、首相も知らないはずがない。
現に、今年8月の「文化人・芸能人の多才な美術展」では、自身で「以和為貴」としたためた書を出展しているようですから。
わざわざ波風が立つことを承知でやるのか・・・素朴な疑問。

« 豊田泰光さん | トップページ | 当世学生気質? »

巷談」カテゴリの記事