« 吉窓さん「南長崎・獅子の涙」 | トップページ | 圓窓師匠「叩き蟹」 »

2013年12月16日 (月)

寄席踊り

notes吉窓さんの噺の後で、お得意の寄席踊りをご披露くださいました。
師匠が、今や落語界屈指の踊り手だと仰っています。
最初はお一人で「なすかぼ」を、2曲目は程酔さんと「奴さん」を。

初日は、男ばかりで色気がありませんでしたが、程酔さんが、二十歳の娘3人分の大活躍です。

こんなふうに踊れたら、どんなに楽しいことでしょう。

« 吉窓さん「南長崎・獅子の涙」 | トップページ | 圓窓師匠「叩き蟹」 »

寄席・落語会」カテゴリの記事