« 仲入りの風景 | トップページ | 寄席踊り »

2013年12月16日 (月)

吉窓さん「南長崎・獅子の涙」

event仲入りの間の舞台の上。
緞帳が降りていますから、客席からは見えないところで、緞帳の「火の用心」の前で、吉窓さんが、何かしています。

これは、噺の後の踊りの際に使う手拭いを、座布団の後ろに置いているところです。
こういう場面は、なかなか見られないと思います。

nn
吉窓さんは、ご当地噺としてご自身が創作された「南長崎・獅子の涙」という噺です。
以前から、地元の長崎神社の神輿のグループに入っていて、そのご縁もあるようです。
長崎神社は、西武池袋線の椎名町駅前にあり、独身時代に寮が目白と椎名町の間にあったので、とても親しみのある場所です。
長崎神社の獅子舞をテーマにした噺で、かけるのは今回が3回目だそうですが、やる度に変わっているとのこと。

演出で、お茶を飲んで場面転換をするところがありましたが、とても面白いと思いました。
袖で、「鬼子母神 藪中の蕎麦」は聴いたことがないが、どんな噺なのか聞かれました。
ご当地噺の創作というのも、臨場感があっていいですね。

« 仲入りの風景 | トップページ | 寄席踊り »

寄席・落語会」カテゴリの記事