« 噺家さんの報酬 | トップページ | 芝浜を聴く会 »

2013年11月22日 (金)

大須演芸場

event名古屋の大須演芸場が閉館するというニュース。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000004-mai-soci
http://www.asahi.com/articles/NGY201311150003.html電子メールで送信: 0fb8d5077984957d3ed9b50a05be8375.jpg
賃料滞納により明け渡しの強制執行手続きが進む大須演芸場(名古屋市中区)について、来年1月末の公演を最後に閉館するとの最終合意が、20日までに関係者間でまとまった。
建物明け渡しを申し立てている所有者側が、新春特別公演を最終興行と位置づけて同月末まで開催したいとの演芸場側の要望を受け入れた。電子メールで送信: 20110813115020.jpg

・・・この手のニュースを聞いて、「残念だ。何とか存続を」などと言う声が大きくなりますが、勿論残念なことではありますが、社会的には「退場」を宣告されても仕方がないと思います。
どうも、日本人と言うのは、「大工調べ」でもそうですが、債務者を善人、債権者を悪人に仕立てますが、「賃料滞納」という「債務不履行」というのは、約束違反ということなのですから、事情はあるにせよ、社会的な責任は重大だと思います。
昔なら、丸ごと抱え込んでくれるお大尽(スポンサー)もいたのでしょうが・・・。

« 噺家さんの報酬 | トップページ | 芝浜を聴く会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事