« 桂友楽師匠の記事 | トップページ | 誤った見出し »

2013年11月 5日 (火)

呆れた老舗

restaurant数年前、やはり関西の高級料亭でもありましたが、奈良のここも懲りない悪質な店ですね。

奈良の某老舗旅館で メニューの表示と異なる食材が使われていた問題で、和牛として提供していたオーストラリア産牛肉を使った加工肉に、小麦などアレルギー症状の原因とな る材料が含まれていたことが分かったそうで、もう単なる偽装ではなく、犯罪行為だと思いますね。
よく名前を覚えておきましょう。
こんなところは、即刻廃業すべきですから、あえて名前を出すことにします。
「奈良 万葉若草の宿 三笠」では、ブラジル産などの鶏肉を大和肉鶏と表示するなど、メニューの表示と異なる食材を使っていたことが明 らかになっていますが、さらにこのうち「和牛」として提供していたオーストラリア産牛肉を固めて作った加工肉には、小麦や大豆などアレルギー症状の原因となる材料が含まれていたことが分かりました。
こうした材料が含まれていたことはメ ニューに表示されていませんでしたが、調理場のスタッフの多くは認識していたということです。
当たり前でしょう。
総支配人は「偽装と受け止められてしまう事象だと思っている。利用のお客様にご迷惑をおかけしたことを深くおわびします」
「偽装と受け止められてしまう事象」だとぉぉ?
偽装はおろか、詐欺、殺人未遂だと言われてもいいぐらいですよ。
ミシュランにも載せられている店だそうですが、ミシュランも馬鹿にされた(舐められた)ものです。
尤も、ミシュランは知らなかったはずですよ「見知らん(ミシュラン)」というくらいですから。
それにしても、「和食」が文化遺産になりそうだというタイミングで、先日の「冷凍の鮮魚」といい、大きなマイナスポイントですね。
それにしても、こういう不祥事は、どうも「食い倒れ」を自慢する大阪はじめ関西に多い気がしますが、土地柄なんでしょうか?

« 桂友楽師匠の記事 | トップページ | 誤った見出し »

巷談」カテゴリの記事