« 歩き稽古 | トップページ | 灘の偽一本 »

2013年11月13日 (水)

ブレーキ利かず

car機械のことだから、こんなこともありますよ。sweat01
障害物を検知して自動でブレーキをかける機能を体験する自動車の試乗会で、車が停止せずフェンスに突っ込み、男性2人が重軽傷を負ったそうです。

hospital事故があったのは、埼玉県深谷市で行われた車の試乗会。
試乗会では、某社の人気車に搭載されている障害物を検知して自動でブレーキをかける機能が実演されていましたが、7メートル先に設置されたマットの手前で止まるはずの車が停止せず、その奥のフェンスに突っ込み、車が大破し、助手席にいた男性スタッフが右手首を骨折する重傷で、運転していた客の男性も軽傷を負ったとのこと。

やはり、人間を乗せた実験はやるべきではないと思います。
せいぜいぶつかっても怪我をしない程度の速度でやり、それ以上はダミーでやるべきだと思います。
車の機能そのものに問題があったのか、操作に問題があったのか?
相手は機械ですから。
バンジージャンプのゴムが切れたようなもの?

« 歩き稽古 | トップページ | 灘の偽一本 »

巷談」カテゴリの記事