« ガス抜き? | トップページ | 楽天Vパレード »

2013年11月20日 (水)

百万円札

dollarひどい奴があるもので。
盛岡市のショッピングセンターの食料販売店で、レジの売上金から1万円札に似た「100万円札」が見つかって大騒ぎ。
ジョーク商品の付箋とみられ、同署は詐欺の可能性があるとみて捜査しているそうです。電子メールで送信: tumblr_lgk9gcSfg01qeq3t6o1_500.jpg
「100万円札」は1万円札よりわずかに小さく、裏は白。
表に「贅沢銀行券・百万円」「贅沢付箋印刷局製造」などと記され、福沢諭吉がにやけたような「贅沢諭吉」の肖像が印刷されている。
店の関係者によると、17日午後1時ごろレジを確認した際にはなく、この日は7人程度の客が各2000円前後の買い物で1万円札を使ったそうですから、この中に・・・。
この「100万円札」は東大阪市の包装資材メーカーの商品のようで、2010年から、付箋1個100枚つづりを2万個製造。
昨年10月に名古屋市のコンビニ店で「100万円札」を使った詐欺事件が起きて製造は中止したが、在庫販売は続けていた。
今回の事件を受けて、やっと販売を中止するそうです。
しかし、このメーカーも馬鹿ですね。
通貨については刑法の通貨偽造罪があるほか、「通貨及証券模造取締法」で「紛らわしい外観を有するもの」も製造・販売が禁じられているはずですが・・・。
しかし財務省によれば、この取締法では違法性を判断する一律の基準はなく「模造品が製造、販売された後にしか取り締まりができない」というのですから、実態はザル法なんですね。
どうも日本人と言うのは、何事も"性善説"というか"善人説"というか、お人好しな国民です。
常識とか品性を前提に作られたルールは、非常識で下品な輩には、何の役にも立たないという訳ですね。

« ガス抜き? | トップページ | 楽天Vパレード »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事