« 寄席の代演 | トップページ | 初雪の便り »

2013年11月18日 (月)

雷門の大提灯

flair雷門の大提灯が10年ぶりに新調され、披露されたそうです。電子メールで送信: trd13111811410008-n1.jpg 浅草寺の僧侶らが境内を練り歩いたあと雷門で奉納式典が行われたとか。
新しい大提灯は高さが3.9メートル、幅は3.3メートル、重さが何と約700キロもあるそうです。
大提灯は、江戸時代末期に一度、雷門とともに焼失。
昭和35年に、浅草寺がパナソニック(旧松下電器産業)創業者の故松下幸之助氏に依頼し、95年ぶりに寄贈・奉納。
その後、10年に1度張り替えが行われていて、今年も雷門の塗装工事に合わせて、パナソニックが奉納したそうです。
約40年前から製造を請け負っている京都の老舗「高橋提燈」が、1年かけて福井産の手すき和紙や丹波産の竹などの材料を集め、9月初旬から制作に取り掛かっていたものだそうです。
やっと、雷門らしくなったという訳ですね。
でも、雷門の提灯は、京都生まれなんどすねぇぇ。

« 寄席の代演 | トップページ | 初雪の便り »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事